モーターをパワーアップstg3ー2nd

モーターのパワーアップ 最終報告                  2019-06-25

一応、モーターに組み上げることが出来たので、性能検査を行いました。※界磁は作りました。

(自己流の検査システムなので、見当違いかもしれない。ご意見ありましたらご指摘下さい copper-g@tg7.so-net.ne.jp junomu70)

端的に表現すると、28パーセントのアップに止まりました。原理的におかしいのか、工作精度がお粗末なのかわかっていません、これ以上は打つ手なしです。

fig1テスト結果200317解説追

◎改造モータと標準のモーターを連結して回す。
・改造モータに投入した電流x電圧(投入電力)と連結したモーターから取り出せた電流x電圧(発電電力)の割合を比較した- %=発/投。
・高負荷0.66Ωで改造モータの効率が上回る128%

fig2テスト状況  オシロスコープが壊れたため、回転数が測定出来て無いので今一歩改造モーターの実力が掴み切れなく終わってしまった。

申し訳ない結果に、お付き合い有難うございました。


SL(蒸気機関車)の後ろ姿を映像にしましたこちらもお楽しみください

食べ物の考察も書いてます。伝統の食事ヘルシーご飯で体をリフレッシュ


モーターのパワーアップ      追、追加の経過報告です。     2019-5-11

2-16追加レポートした、スリット欠け欠けのセグメントをともかく使ってみよう、ということで対向するセグメントの製作をやり、要・手直しながら成形出来たので、欠け欠けセグメントと組み合わせようとしたところ、磁極の向きが同じに加工してしまい、組み合わせて回転させることが出来ません。×ω×

止む無く、新規に製作に掛かり、外周は順調に削り終わりましたが、内径削りの途中で、磁石が割れてしまいました。 NC加工のプログラムで、削り量が多すぎる工程があるようで、工具送りの力で割れたようです。

一番最初に製作始めたセグメントも内径加工の途中で割れてしまったので、プログラムを修正したのですが、不具合のポイントが違ったようです。再度書き直しです。 プログラムは、CADが[JWW]、NCデータ変換が[NCVC]、いずれもフリーソフトです、有難いことです。DIYレベルのプログラムとしては申し分ない性能です。ただし、NCプログラムはさすがに有料(小遣いレベル)です。

また、報告します。

※加工途中での破損は、キリコの除去を怠った結果でした、普通のキリコも除去には小まめな作業が必要なのだが、今回の磁石は、キリコを刷毛で丁寧に取り除かないと、磁力で集まってしまい、かなりの切削抵抗になっていた。結果機械が押して破損させたようです。

他の記事も読んでね(開くだけでも)クルマの運転が上手と言われる


モーターのパワーアップ      追加の経過報告です。     2019-2-16

Φ8mmのダイヤモンド砥石で、外径削りは一応出来ました。

続けてスリット加工をやりました。Φ20mm厚さ0.5mmダイヤモンドカッター2枚重ね。加工を急いだせいか、スリットがあらかた欠けました。

初めからやり直しです。


 おもちゃ用のDCモーターのパワーアップをやるべく、さらなる苦闘を報告します。  2019-1-4

 界磁に使用する磁石を、4角のブロックから削り出すべくスタートした。
途中経過を報告します、箱根駅伝なら、小田原中継所をスタートしたばかりですが、さすがに難関続きです。
 界磁の円筒面を1/4程削り進んだ(完成ではなく)地点での写真です。軸付き砥石の2個が思い切り返り討ちに逢っています、Φ13mmになっています。 削り残ったフェライトの1mm程をダイヤモンド砥石が仕上げをやりました。
まだまだ苦闘が待っている感じです。
ちなみに、工具代 Φ16砥石 ¥800.- 金剛砂¥900.- ダイヤモンド砥石¥800.- ゴム砂受け¥900.-
界磁はもう1個必要ですのでさらに同額が出費必要です。
心配なのは、削った側の磁力が低下しているように見えます。
磁石メーカーの営業の方が、加工の要請を断られた理由がわかって来ました。

             以上 2019-01-04 途中報告です               

おもちゃ用のDCモーターのパワーアップをやるべく、改造してみた。 第3回。

モーターの固定子を削り加工すると、磁力が落ちてしまった、という報告をstg2でしましたので、別方策をやってみた。

●しかしながら、  界磁を削らず、つぎ足すかたちで櫛型の界磁を鉄で製作して組み立てた結果、頼りない回転をするようになってしまった。軸を指でつまんでの感じでは市販モーターの70%くらいの出力です、原因はつかみきれてない。 が、多分、つぎ足すと磁力の向きが一方向にそろわないのだろうと考えています。 詳細別途調査します。

●9月中に結果報告予定でしたが。全く別のおもちゃの製作依頼に対応したのと、少々年月のたったパソコンのOSを、windows7から10にアップグレードして使おうとしたが、スペックの低さが悪さして理想のソフトウェア―が動かないのをあきらめきれず、格闘して時間をつかってしまった結果、ひと月遅れの報告になってしまいました。 ちなみにパソコンのスペックは、1GHz、1Gbyt、インストールしたソフトウェア―が言うには、30秒待ったけど処理しきれてないから、止めるよ、と動かなくなる。ちなみにソフトは、wordpress。本H/Pでも無料で使わせていただいているので文句は言えません。

●モーターとは、まだまだ格闘して行きます。10月25日。現時点での方策は、界磁をフェライト磁石のブロックから、削り出して作り、モーターとして組み立てて、出力を測定します。

取り敢えず、削り加工用のプログラム(NC加工機用のプログラムでGコードと呼ばれる)は書き上げました、初めに、無料のアプリケーションJWW-CADで作図して、次に、無料のGコード作成アプリケーションを使い、Gコードを書きました。近日中にMg(フェライト)の加工に掛かる予定です。

〇無料のアプリで工作機械(電動工具レベルの工作機です)が動かせるなんて有難いことです。提供者様に感謝申し上げます。

食べ物の考察も書いてます。伝統の食事ヘルシーご飯で体をリフレッシュ

LOVE COSME GIFT カタログギフト
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP