1輪車上達の早いカタパルトDIY

カタパルト一輪車の上達を早めよう。

・小児にとって1輪車というのは不思議な乗り物に見えるようで、また、自分も乗ってみたいと思うようである。

・この乗り物は、自身経験したことが無く具体的な乗りこなしの要領を教えてやれないので、練習用の手すりを製作してみた。
・一輪車(monocycle)は自転車よりはるかに上達に時間がかかるので、室内でテレビを見ながらでも練習できる方が望ましい。
その面からも、両手で体を支えられる器具が必要で、この手すり(あえてカタパルトと表現)で練習してかなりのレベルまで上達したことを報告しておこう。

・名前を気取ってカタパルト、航空母艦から飛行機が飛び立つ様をイメージしたつもり。

・製作はいたって簡単で、ホームセンターで買える組立ラック用のパイプとジョイント部品を買い、組立てて、ジョイント部を専用の接着剤で固定すれば出来上がる。
・パイプは鋼管の外側にプラスチック(塩ビ)が巻かれて、ジョイントは塩ビ材で出来ている。強度は程々有り、大人がつぶさない限り壊れない。

・費用は約4,000円、パイプの長さは、既製品で合わせました、ジョイントも既製品です。
組み立ては3~4時間もあれば接着材が硬化する。

・ジョイントとパイプを差し込み、概略組上がったら、トンカチくらいで、コンコンと叩いてしっかり差し込むことが大事。
接着剤には、スポイトが付属しており、少量(蛇腹の1段程度)吸い上げて、パイプとジョイントのスキマに対して垂らし込む。スポイトを強く押すと接着剤が溢れるので、ゆっくりやろう。
接着剤は、塩ビと塩ビの圧着されている部分を溶かして接着すると、メーカーは説明しているので、隙間にしっかり行き渡らせることが大事。後は固まるのを、辛抱強く待ちたい。

注意】 この接着剤は匂いが独特なので、接着するときは屋外で作業することをお勧めする。


こちらは、ざんねんなホームメイドアトラクション。
2.5倍増速ギヤ付一輪車。 
少々ペダルのリアクションに違和感があるようで
却下

危険性について】 なんの道具でも危険性は付きものであり、この練習器具も転倒の可能性を秘めている、考慮と観察の上でご配慮をしていただくようお願いします。

別掲 すべり台室内用をDIYする・スリル満点製作簡単組立もお片付けも簡単 ・リサイクル簡単・安全に遊ぶのは自己責任でお願い。   こちら 

別掲 子どものご機嫌を伺うのに最適・SLを追いかけて37km車窓からC10を映した。 こちら 

LOVE COSME GIFT カタログギフト

Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/copper/coppa-g.info/public_html/wp-content/themes/principle-child/sns.php on line 14
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP