プリンターが故障やむなく修理をして使えるようになった報告CanonMG6330がしろい紙をはきだした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家族で使用しているプリンター&コピー機能付きが印刷せず、白いまま吐き出すようになった、そうなるまえに表示窓に プリンタヘッドが違います、正しいのを付けて下さい  と表示して、印刷前に内部から、ゴキゴキとイオンが聞こえるようになり、プリンタヘッドは動いているのだが白い紙を吐き出すようになってしまった。

ネットで検索したところ https://digibibo.com が修理方法を書かれていたので挑戦してみることに。
ところが、ヘッドの取り外し方法が分からず、再度ネットで検索したところyoutubeでkawamura.dさんがアップしてくれているので、見せていただいた、非常に簡単(やり方が分かれば)なのでへーとしばらく見せていただき、思い直してヘッドの清掃をすることに。

テイッシュペーパーを2枚づつ8枚ほど使ってヘッドのインクノズル周りのまとわりついたインクをふき取り、その後ヘッドを外した窓から見えるメカにへばりついたインクを取り敢えずふき取った。

LOVE COSME GIFT カタログギフト

白い紙を吐き出す、ということは、プリンタに使われているバブルジェット式のドットプリンタのプリンタヘッドに加熱電源が行ってないと判断して、ヘッドと本体間の接触式給電がうまく行ってないと判断し、電極を清掃する(間違ってもヤスリや研磨紙でこすらないで下さい)、テイッシュペーパーで丁寧に、テイッシュペーパーの切れ端などが残ってしまわないように、丁寧に清掃する。
近年出回っている乾電池を使った便利グッズが、電池と電池受けの間で汚れのため接触不良になることが多い。我が家のMG6330プリンタも入居してから数年経過しているので、接触不良が十分考えられる。

再度組み込み直して電源投入し、印刷をかけてみた。 やった!
6色インク使用の高級機MG6330が復活しました。電気店では、5色タイプで3万円、4色タイプで2万円、しかも、翌々日配達、今回は待てなかった。

プリンタは機嫌よく動き、印刷もしっかりできるようになった、最初の数枚はインクがにじんでいるところもあったが次第にきれいにプリント出来てきた、OK

ビックカメラとケーズ電器に買いに行ったのであるが、いずれも在庫は無い(持ち帰りできない)とのことで購入せずに帰宅し、その後でどうせ壊れているのだからとヘッドの修理だけでもやってみようと思い直し、結果的に修理で復旧することが出来た。digibiboさんkawamura.dさんに感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*