行先表示盤の製作(JR式)DIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
補強用として手持ちのアルミ材のCチャンネルを使ったけど、特にこだわらなくても良いかな。ただし、押し込んだりしたときに凹むと悲しいので、おごったものを使いたい。
ギヤセット、48歯、52歯、60歯、10歯、各1枚づつを2組。¥400.-x2組。
48-減速機。52-中間軸、60-巻取りロール。ギヤは10歯のピニオン付でそのまま使う。
今回のDCモータは出力軸が整流子側に出ている特殊タイプ、出どころはラジコン用のサーボモータに使われていたものを流用(壊したわけでは無いです)。
価格 約400円 お手元に30Ωのセラミック抵抗があればベスト。今回は最適な抵抗値求めるために、ニクロム線を使い、そのまま組み込んだ次第。
※注意 折り曲げる方向は、右用と左用で異なる(反対方向)ことに注意。
その他、背面、上面、側面2枚、底板が必要。材質軽発泡塩ビ板3mm厚、¥1,300.-
接着剤¥400.- 切断工具はのこぎり。窓は予め10mm程の穴を開けておく。

表示窓には実在の駅名を表示していますが、現状では、架空の鉄道会社を設定し、路線図を作り、行先駅名を書き込んで表示させて遊んでいます。

【もっとDIY アトラクションの紹介】DIY手作りむー工房のアトラクション

LOVE COSME GIFT カタログギフト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*